歯のメンナンス
前後

最近では、成人した大人で歯周病や虫歯で歯を失う方がたくさんいます。
そもそも歯周病とは、歯を支えている歯周組織に菌が付着して炎症が起こる病気のことで、近年では、歯周病が口の中で繁殖して歯を失うだけでなく、全身の病気とも関係することが分かっています。
例えば、歯痛から風邪が悪化して肺炎になりやすくなることや動脈硬化・心筋梗塞といった恐ろしい病気を引き起こしてしまうリスクが起こります。
その他にも、妊婦が健康的に出産をするのに悪影響を及ぼしたり、糖尿病が悪化したりといったこともあることから、気をつけておかないといけない症状であることが認知されてきたのです。
このような影響を与える要因としては、口腔内の器官自体が全身の血管につながっているからであり様々な症状を起こします。
もちろん、他の器官だけではなく歯自体も失ってしまうことになるので、栄養摂取の為に食べるという行為自体にも影響するのです。

このような弊害から歯を守る為に必要なことは、歯科で定期的なメンテナンスと適切な治療を受ける事が挙げられます。
歯科で歯専門的な治療を行い、歯の健康と美容を保ってくれます。
歯が健康になれば、体全体にも悪影響を及ぼすことはありませんし何より食べることが楽しくなります。
ですから、歯科へ行って定期的にメンテンナンスをし、歯の健康を維持するようにする習慣をつけていきましょう。

歯周病は感染る

口腔内の病気というと一番に挙げられるイメージは、虫歯かもしれません。
しかし、実際は歯周病の患者が多く虫歯よりも歯周病で歯科治療に通っているという人の方が圧倒的に多いと言われています。
歯周病を簡単に説明すると、口腔内に細菌画像属してしまう病気で、人から人へと感染することが特徴的です。

特に気をつけておかないといけないのが、子供や恋人に対して行うキスやデンタルケアグッズを使い回しすることです。
こうしたことから、10代の子供から高い確率で感染していることが分かっており大きな問題となっています。
歯周病がjこれほどまでに問題になっているのは感染率の高さだけではなく、自覚症状がなく気づくことが少ないということです。
というのも、虫歯ができた時は痛みや腫れなどによって気づくことが多いですが、歯周病は気づかずに過ごしてしまいます。
そうしたことから、どんどん歯の内部を細菌が侵食していくことになるので、色んな弊害が出てくることになるのです。

歯周病を治療することを前提とするならば、やはり歯科で専門治療を受けることが先決でしょう。
歯周病自体は早期に発見して治せば簡単に治療が終わりますし、影響も大きくありません。
しかし、放置していると治療期間も長くなり色々な方法を施さないといけなくなるので、大変な思いをしてしまうこともあるでしょう。

ただ、歯周病も勝手に感染してしまって悪い影響を受けてしまうということではなく、歯科治療を受ける前に予防をすることで対策ができます。
例えば、毎日のブラッシングをしっかり丁寧にすることは歯周病予防に最適な方法で簡単に取り入れることができます。
特に歯周ポケットと呼ばれる歯垢がたまりやすい場所を重点的にブラッシングして汚れを残さないようにしておくと、有効な予防策となるでしょう。
最近では歯科治療の一環として予防歯科の指導やアドバイスをしてくれるところもあるので、正しいブラッシングを取り入れていきましょう。

オススメリンク
最新の投稿
アーカイブ
カテゴリー
カレンダー
2014年12月
     
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031